Johnny Dodds

提供: 初期のジャズ

ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Johnny Dodds.jpg
生年月日
1892/04/12(Waverley, Louisiana)
命日
1940/08/08(Chicago, Illinois)
使用楽器
Clarinet

経歴

Johnny Doddsは、初期のジャズにおける偉大なクラリネット奏者のひとりとして知られており、Jimmie NooneSidney Bechetなどと並べて語られることも多い。弟のWarren(Baby Dodds)もドラム奏者としてジャズ史に名を残している。

Johnny Doddsがクラリネットを始めたのは17歳の時で、Lorenzo Tio Jr.Charlie McCurdyからレッスンを受けていたとされる。Kid Oryのバンドに参加したのが1911年頃のこと。他には、Jack Careyをはじめとする様々なバンドのパレードの演奏に参加していた。

1917年にはリバーボートFate Marableとの演奏の機会もあったが、1919年まではニューオリンズのKid Oryのバンドに留まり、このバンドを拠点としていたようだ。なお、弟のBaby DoddsFate Marableの楽団に参加した1918年以降、1年程の間はKid Oryの元にいたことになる。(この時、Johnny Doddsと弟のWarrenとの間でLouis Armstrong争奪戦が繰り広げられたが、Louis ArmstrongFate Marableの楽団に参加した)

その後、Johnny DoddsKing Oliverのバンドに加わる為にシカゴに移動し、1921年頃にはKing Oliverと演奏していた。King Oliver's Creole Jazz Bandには、弟のBaby Doddsの他、Honore DutreyJohnny St. Cyrといったニューオリンズ出身のミュージシャンやテネシー州出身の女性ピアニストLil Hardinなど、素晴らしいメンバーが集まっていた。1922年にLouis Armstrongが加わるとバンドの人気は更に高まり、複数のレーベルでの録音の機会にも恵まれる。

King Oliver's Creole Jazz Bandの解散後の1924年は、シカゴのDreamlandに出演していたHonore DutreyのバンドやKelly's StablesにおけるFreddie Keppardのバンドに参加している。Kelly's Stablesのバンドでは、Freddie Keppardから引き継ぎリーダーを務めることになる。もっともFreddie Keppardがバンドを抜けたのは形ばかりのことで、その後もKeppardKelly's Stablesのステージに立つことが多かったようだ。

1920年代は、こうしたステージでの演奏の他、録音の機会にも多く恵まれた。この時期、Louis ArmstrongHot FiveHot Sevenや、Jelly Roll MortonRed Hot Peppersといった歴史的な録音にも参加している。他にはFreddie Keppardとの録音が残っている他、自身のリーダー名義で、Louis ArmstrongBarney BigardEarl HinesHonore DutreyLil HardinBill Johnson、弟のBaby Doddsなどとの録音を残している。

ジャズシーンの主流がニューヨークに移った後も、Johnny Doddsはシカゴに留まった。ニューヨークを訪れたのは1938年1月の一度だけであり、これは自身のリーダー名義での録音の為であった。シカゴで兄弟と共にタクシー会社を経営しながら、自身のカルテットでの演奏活動を続けた。

1940年1月に歯の状態が悪化したことで演奏ができなくなると、自身のカルテットをBaby Doddsに譲る。入れ歯の処置を施して演奏への復帰を試みるが、Baby Doddsがリーダーを引き継いだカルテットにパートタイムで参加するのが精一杯だったようだ。同年8月に心臓発作を起こし、シカゴで没する。