Johnny St. Cyr

提供: 初期のジャズ


ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Johnny st cyr.jpg
生年月日
1890/04/17(New Orleans, Louisiana)
命日
1966/06/17(Los Angeles, California)
使用楽器
Banjo, Guitar

経歴

初期の偉大なジャズの先駆者の一人である。知名度の上でLouis ArmstrongJohnny DoddsJelly Roll Mortonに劣るが、バンジョーやギターで伴奏を中心とした演奏をしていたことに理由がある。

Johnny St. Cyr自身の記憶によると、1905年頃にはニューオリンズでトリオのバンドを組み、演奏活動を行っていたようだ。Armand J. PironのバンドやFate Marableのリバーボートの楽団に参加することもあったという。1923年にシカゴに北上すると、King OliverJelly Roll Morton、さらにLouis ArmstrongHot FiveHot Sevenのセッションなど、20年代を代表する録音に参加した。Doc Cook's Dreamland Orchestraでも演奏していた。

1930年代の不況になると、彼は故郷のニューオリンズに戻り、左官職人として生計を立てることになるが、Alphonse PicouPaul Barbarinなど地元のミュージシャンと演奏することもあった。その後、ニューオリンズのリヴァイヴァルミュージシャンとして活発に活動するようになり、特に50年代はPaul Barbarinと定期的に演奏を続けるなど、音楽的にも充実していたようだ。1955年になるとロサンジェルスに移り、以後ディズニーランドなどで仕事をしていたが、1966年に白血病で亡くなった。