カテゴリ:Okeh

提供: 初期のジャズ

変遷

Okeh Recordsは、オデオン・レコードのアメリカ支店のマネージャーであったドイツ系アメリカ人のOtto K. E. Heinemannによって設立さた。1916年にOtto Heinemann Phonograph Corporationを法人化した後、ニューヨークに録音スタジオとプレス工場を設立。1918年には蓄音機レコードのレーベルとしてスタートする。OKehの名前は、Otto K. E. Heinemannのイニシャルに由来する。当初は「OkeH」と綴られていたが、後に「OKeh」と表記されるようになった。

当初からのOtto K. E. Heinemannの目的は、大手レコード会社から無視されていた聴衆に音楽を届けることで、アメリカの移民コミュニティ向けのドイツ語、チェコ語、ポーランド語などのレコードを制作していた事でも知られる。OKehの初期リリースの中には、ニューオリンズのジャズバンドによる音楽が含まれており、1920年にMamie Smithのレコードで成功を収めると、黒人向けのレコーディングの為にディレクション担当を雇った。シカゴではRichard M. Jonesが、ニューヨークではClarence Williamsがこの役割を担った。

1921年以降に録音された主なジャズ録音には、Clarence Williamsの他、King OliverLouis ArmstrongJelly Roll MortonBennie MotenLonnie Johnsonなどの黒人ミュージシャンだけではなく、Bix BeiderbeckeFrankie TrumbauerJoe VenutiEddie Lang等の白人ミュージシャンのものも多数存在する。

OKehは、1926年に売却され、Columbiaレコードの子会社となったが、1921年に始まったレースレコードのシリーズは1934年まで継続した。1940年にBrunswickとVocalion の商標権を失ったColumbiaは、Okehレーベルの商標でのレコード販売を1946年頃まで続けた。1950年代になると、OKehのアルバムはリズム・アンド・ブルースが中心となっていたが、ジャズのアルバムのリリースも続いた。

カテゴリ「Okeh」にあるページ

このカテゴリには 38 ページが含まれており、そのうち以下の 38 ページを表示しています。