Erskine Tate

提供: 初期のジャズ

ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Erskine Tate.jpg
生年月日
1895/12/19(Memphis, Tennessee)
命日
1978/12/17(Chicago, Illinois)
使用楽器
Banjo, Violin

経歴

Erskine Tateは1920年代に活躍したバンドリーダーであり、ヴァイオリンを中心に様々な楽器が演奏できた。シカゴで育ったErskine Tateは、アメリカ音楽院で音楽を学び、1912年にはプロとしてヴァイオリンを演奏し始めたという。

1919年から1928年3月までの間、Vendome Theatreで楽団を率いており、この時にサイドメンとして、Louis ArmstrongEarl HinesFreddie KeppardBuster BaileyStump EvansOmer SimeonJabbo SmithEddie SouthJimmy BertrandMilt Hintonといった実力のあるミュージシャンを起用していた。

1923年と1926年に2度のレコーディングを行っており、Erskine Tate's Vendome Orchestraによる録音が4曲残されている。

Vendome Theatreとの契約終了後は、1930年代を通して、シカゴのSavoy BallroomCotton Club等で自身のバンドを率いていた。1940年代から1960年代にかけては、ヴァイオリンやサックス、トランペット、ギター、ドラムなどを教える音楽教師として高く評価されていたようだ。