Jean Goldkette

提供: 初期のジャズ

ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Jean Goldkette.jpg
生年月日
1899/03/18(Valenciennes, France)
命日
1962/03/24(Santa Barbara, California)
使用楽器
Piano

経歴

Jean Goldketteはフランスで生まれ、ギリシャとロシアでの生活を経て、1911年に家族と共にアメリカに移住した。

元々はクラシック・ピアノを演奏していたが、1921年にはデトロイトのAndrew Raymondsのバンドで演奏するようになり、その後まもなく自身のバンドを結成する。1920年代後半にはJean Goldketteが管理するバンドは20以上にものぼったという。尤も、Jean Goldkette自身は、それらのバンドで演奏することはなかったようで、著名なミュージシャンを雇用し、自分自身は音楽監督として関わるくらいであった。

Jean Goldketteの楽団に雇われた主なミュージシャンには、Bix BeiderbeckeFrankie TrumbauerSteve BrownJimmy DorseyTommy DorseyEddie LangJoe Venuti等が挙げられる。

特にBix BeiderbeckeFrankie Trumbauerを擁した1926年頃の楽団の評価は高く、ニューヨークで開催された楽団コンテストでは、Fletcher Henderson楽団を破り、当時の最高の楽団と評された。(なお、翌年には主要なソリストはPaul Whitemanに雇われてしまった)

また、Jean Goldketteは、McKinney's Cotton Pickersの結成に関わったことでも知られる。自身が経営するGreystone Ballroomのハウスバンドとして、McKinney's Cotton Pickersを迎え入れると、音楽監督としてDon Redmanを呼び寄せ、これがMcKinney's Cotton Pickersの成功のきっかけとなった。

1930年代初頭にはジャズの世界から離れ、ブッキング・エージェントやクラシックのピアニストとして活動するようになった。