Prince Robinson

提供: 初期のジャズ

ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Prince Robinson.jpg
生年月日
1902/06/07(Portsmouth, Virginia)
命日
1960/07/23(New York, New York)
使用楽器
Clarinet, Tenor Sax

経歴

Prince Robinsonは14歳の時からクラリネットを始め、独学で奏法を学んだ。1919年から1921年にかけてLilian Jones' Jazz Houndsで活動。1923年はアトランティックシティでピアニストのQuentin Reddと活動した後、1923年にニューヨークに移り住み、Lionel Howard's Musical Acesに加入する。

ニューヨークに移ってからのPrince Robinsonは主にElmer Snowdenの下で演奏していたが、1925年春にはDuke Ellingtonと共演の機会もあり、同年9月にはThe Washingtonians名義での録音に参加している。(この時にElmer SnowdenDuke Ellingtonの間でPrince Robinson争奪戦が繰り広げられたという話もある)なお、Duke Ellingtonの下で1926年か1927年頃まで演奏していた。

なお、1925年はJune Clarkのバンドでも時折演奏しており、こちらも録音が残っている。

1928年にMcKinney's Cotton Pickersに加入すると、この楽団に1931年夏まで在籍していた。1932年にMcKinney's Cotton Pickersに再加入すると、1934年頃にこの楽団が解散するまで、ここで演奏を続けた。

1935年夏から1937年初頭までは女性歌手のBlanche Callowayの楽団で演奏し、1937年4月から1938年11月まではWillie Bryantと共演。その後、Roy Eldridgeの楽団に所属すると1940年頃までここに在籍していた。1930年代は、この他にもLil Hardin ArmstrongTeddy Wilsonの楽団での録音が残されている。

1940年から1942年にかけてはLouis Armstrongのバンドに参加。1942年から1943年はLucky Millinderと共に活動した。その後はBenny Mortonと共演。1945年にClaude Hopkinsのバンドに加入すると、1954年まで在籍する。

1950年代には、自身のバンドを率いていた他、Henry "Red" AllenFreddie Washingtonと共演している。数か月の入院生活を経て、1960年に癌で亡くなった。