Joe Poston

提供: 初期のジャズ

ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Joe Poston.jpg
生年月日
1895/12/31(Alexandria, Louisiana)
命日
1942/05/31(Illinois)
使用楽器
Clarinet, Alto Sax

経歴

Joe Postonは、Jimmie Nooneと共に活動していたことで知られるサックス奏者である。また、クラリネットも吹いている。

1922年から1924年までは、Doc Cooke's Dreamland Orchestraのレギュラーメンバーであり、Jimmie Nooneとの出会いもこの楽団でのことだと思われる。1924年にはこの楽団でのレコーディングにも参加している。

その後は、Fate Marableの楽団に参加し、リバーボートで演奏をしていた。

1926年にはFreddie KeppardCookie's Ginger Snapsの録音に参加。同年、Doc Cookeの下に戻り、更には、1928年頃からはJimmie Noone's Apex Club Orchestraに参加した。この楽団の録音は、アルトサックスを務めるJoe Postonがメロディーを吹き、Jimmie Nooneが即興演奏するスタイルで、名演が多いことで知られている。 1930年にJimmie Nooneの下を離れると、その後は再度Doc Cookeの下で仕事をしていたが、病気の為に引退を余儀なくされ、最後の8年間は療養所で過ごしたという。