Ed Cuffee

提供: 初期のジャズ

ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Ed Cuffee.jpg
生年月日
1902/06/07(Norfolk, Virginia)
命日
1959/01/03(New York, New York)
使用楽器
Trombone

経歴

Ed Cuffeeは主にニューヨークで活躍したトロンボーン奏者で、本名はEdward Emerson Cuffeeという。同じくトロンボーン奏者のJimmy Archeyの幼馴染であったと言われている。

ヴァージニア州の生まれであるが、1920年代半ばにはニューヨークに移り住み、まもなくClarence Williamsのレコーディングに参加するようになる。1929年には、ピアニストのLeRoy Tibbsと共にConnie's Innに出演。また、Bingie Madisonとも仕事をしていた。

1930年から1934年にかけては、McKinney's Cotton Pickersに参加。1936年にFletcher Hendersonの楽団に加入し、1939年までニューヨークでギグをしていた。1940年にLeon Abbeyのバンドに参加し、すぐに脱退しているが、その後も時折共演の機会があったようだ。1941年1月から8月にかけては、Count Basieの楽団にも参加している。

1947年後半には、ニューオリンズ再発見ブームで人気を博したBunk Johnsonのギグや録音にも参加しているが、これ以降は電気技師として働くようになり、フルタイムでの音楽活動からは引退した。尤も演奏自体は続け、1950年代も定期的にギグを行っている。