Pete Briggs

提供: 初期のジャズ

ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Dummy.jpg
生年月日
1904(Charleston, South Carolina)
命日
1970s?(???)
使用楽器
String Bass , Tuba

経歴

Pete Briggsは、1927年のLouis Armstrong's Hot Sevenの一連の録音に参加したことで有名なチューバ奏者である。

Pete Briggsの音楽キャリアは、1920年代初めにJim Jam Jazzersの一員としてのツアーが最初であったようだ。ミンストレル・ショーでも演奏していたようだ。シカゴに住みついた1926年からCarroll Dickerson Orchestraのメンバーとなり、おそらくここでLouis Armstrongと出会った。(この楽団は後にLouis Armstrong Stompersと名を変える。)Hot Sevenの録音に参加したのはこの縁があったからだろう。Pete Briggsの安定したリズムが、Louis Armstrong's Hot Sevenの革新的なサウンドの形成に貢献していたのは間違いない。

1929年にはLouis Armstrongの楽団とともにニューヨークに移り住む。ベースに持ち替えたのはこの頃のこと。1929年から1930年にかけて、Edgar Hayes Orchestraに参加。その後は自由契約で働いたが、脚光を浴びることもなくなった。1940年代には、フィラデルフィアでトランペット奏者Herman Autreyと演奏しているが、これを最後に引退し、死ぬまで農場で過ごした。没年などの詳細は不明である。