Jesse Stone

提供: 初期のジャズ

ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Jesse Stone.jpg
生年月日
1901/11/16(Atchison, Kansas)
命日
1999/04/01(Altamonte Springs, Florida)
使用楽器
Piano

経歴

Jesse Stoneは1901年にカンザス州アスチンで生まれ、ミズーリ州カンザスシティで育った。ピアニストとしての実績よりも、バンドリーダーや編曲者としての実績の方が評価されることが多い。

1920年からBlues Serenadersを率いた。1927年にはJesse Stone And His Blues Serenadersとしての録音を残した他、George E. Leeに請われ、George E. LeeNovelty Singing Orchestraの編曲担当としても働いている。

Jesse Stoneの楽団は、1928年にBlue Devilsとの音楽合戦に敗北し、危機的な状況に陥った。トロボーン奏者のDruie BessBlue Devilsに移籍しただけでなく、トランペット奏者のAlbert Hintonも退団することになり、ブラスセクションが崩壊すると、まもなくして、残りの楽団員もJesse Stoneの元を去った。

自身のバンドの解散後は、1929年にJesse StoneTerrence HolderClouds of Joyを再結成するのを手伝った他、George E. Leeの下での音楽監督の仕事を1931年頃まで続けた。1932年から1934年にかけては、Thamon Hayes' Kansas City Skyrocketsに参加し、ピアニスト兼編曲担当として活動する。1935年にはシカゴで自身のバンドを率いた。

1940年代は自身のバンドで米国慰問協会のツアーを行った。1950年代にいくつかの録音を残している。