Ma Rainey

提供: 初期のジャズ

ジャズ百科事典 > 人名事典

基本情報

Ma Rainey.jpg
生年月日
1886/04/26(Columbus, Georgia)
命日
1939/12/22(Columbus, Georgia)
使用楽器
Vocals

経歴

Ma Raineyはジャズ草創期に活躍した女性歌手である。本名をGertrude Pridgettと言い、ショービジネスを生業とする家系に生まれた。生年は1886年説が有力だが、1882年とする資料も存在する。

Ma Raineyの初舞台は、ジョージア州コロンバスで行われたショー「A Bunch of Blackberries」への出演であったと言われ、これは12歳の時だったとされる。1904年にWilliam 'Pa' Raineyと結婚した時からMa Raineyの名前で活動するようになった。この夫婦はブルースやポピュラー・ソングを中心に歌とダンスを披露するユニットを作り、主に南部をツアーしていたようだ。(なお、1916年に離婚している)

1920年代になると、Ma Raineyはヴォードヴィルのソロ・スターとしての地位を確立しており、1923年にはParamountレーベルとのレコーディング契約を結び、1920年代を通して多くのレコードを残している。この頃の共演者には、Louis ArmstrongTomy LadnierFletcher HendersonColeman Hawkins等の有名なミュージシャンがいる。

こうしたレコーディングでの成功と並行して、Ma Raineyは、自身の楽団であるGeorgia Jazz Bandを率いたショーやツアーを行っていた。(短い休止期間をメキシコで過ごしたことはあった)

有名な女性ブルース歌手のBessie SmithMa Raineyの弟子であったが、1930年代初頭にはフォートワース・ストック・ショーで共演している。この2人はかなり親しかった為、恋愛関係にあったのではないか、という噂が流れたこともあった。

1930年代半ばに音楽から引退し、故郷のジョージア州コロンバスに帰郷する。この時にはMa Raineyはかなりの資産を持っていたようで、晩年は地元で2つの劇場を経営していた他、コロンバスに自宅も所有していたという。1939年に心臓発作で亡くなる。